中学受験専門プロ家庭教師 富都野日穂理 > ブログ > 勉強法 > 愛知県の私立中学校入試本番。健闘を祈ります!

愛知県の私立中学校入試本番。健闘を祈ります!

みなさん、こんにちは。

名古屋の中学受験専門プロ家庭教師の富都野です。

 

すでに愛知県の海陽中等教育学校の2015年度入試は終了しましたが、
今週末の1月24日土曜日から、愛知中学校、金城学院中学校、大成中学校(奨学生)などを始めとして
いよいよ愛知県の私立中学校の入試が本格的に始まります。

 

受験生の皆さま、親御さまは、入試直前のこの時期、いかがお過ごしでしょうか。

 

まず、勉強については、

新しいものに手をつけるのは控えましょう。
その代わり、今までに既に取り組んだ(手をつけた)ものの再確認を行いましょう。

例えば、

今までに数回は繰り返し解いたであろう過去問のうち、
ぱっと問題を見ても答えや解き方が瞬間的に浮かばない問題

今までの塾でやった公開テストの再度の解き直し

一問一答形式のチェックテストのような問題

等が、おすすめの教材です。

 

特に理科社会は、覚えていたら点数に結びつく問題、
すなわち知識問題の再確認が効果的です。

一問一答形式の問題を使って、まるで早押しクイズのように
問題を聞いたら、反射的に即答できる位までやり込みましょう。

 

次に、日常生活についてですが、

これは無理に変える必要はないものの、できることなら
生活スタイルを、徐々に入試の時間割に合うように調整していきましょう。

例えば、

入試前日に寝る予定の時刻に寝るようにする

入試当日に起きる予定の時刻に起きるようにする

入試当日に家を出る予定の時刻に合わせて身なりを整える

入試の時間割に合わせて、その科目の学習をする

等です。

 

また、「朝小学校へ登校し、夕方下校きたら受験勉強」という生活リズムが習慣づいている場合には、
無理に学校を休ませて家庭学習で受験に備える必要はありません。

 

インフルエンザにうつるのを懸念して休ませる場合もありますが、
小学校のクラスに馴染んで、無遅刻無欠席で意気揚々と通学しているお子さまならば
受験直前もそのまま小学校に通わせるのも一案です。

生活リズムを急変させることで、ストレスを与えないようにするためです。

 

小学校をある一定期間休ませて受験に臨む場合でも、
決まった時刻に起き、決まった時刻に寝る、という規則正しい生活を送り、
家に籠もりっぱなしではなく、たまには外の空気を吸い、適度な運動もして
生活リズムを崩さないようにしましょう。

 

最後に、メンタルについてですが、

これからお子さまが受験する中学校は、
お子さまの既に持っている力が普段通りにいかんなく発揮されれば、
必ず合格する学校です!

ということを親子ともに信じて入試に臨みましょう。

 

いつもの実力以上の力を出さなきゃ、と思うから
焦ったり不安になったり緊張したりするのです。

いつも以上の力を出すのではありません。
既に持っている力を、普段通りにちゃんと出しきることです。

これがものすごく大切です。

そのように発想の転換をすれば、親も子も気が楽になりますね。

 

親御さまがこの時期できることは、
何があっても(たとえ入試前日にゲームに興じていたとしても(笑))
お子さまの合格と前途洋々の未来を信じてあげること。

 

親御さまの心からの応援の「氣」をお子さまに貼り付けてあげて、
お子さまを送り出しましょう!

 

お子さまが、お子さま自身の持っている力を最大限発揮して、
悔いのない受験生活を締め括ることができますよう、
心より祈念いたします。

 

受験生の皆さん! 健闘を祈ります!!

 

LINEで送る

▲先頭へ