中学受験専門プロ家庭教師 富都野日穂理 > サービス > 中高一貫校生 授業・定期テスト対策コース > 東海中学 授業・定期(中間・期末)テスト対策コース

東海中学校の定期テスト対策

さて、喜びと安堵に包まれて東海中学校に入学したのもつかの間、お子さまも親御さまも最初に驚かれるのが、授業の進む速さ(進度)と内容の深さ(深度)だと思います。

しかし、日々の家庭学習を通して中間テスト、期末テスト対策をきちんと行い、良い成績を上げていけば、恐るるに足らず、です。 東海中学校に入学後、1学期に中間テスト、期末テストと2回チャンスがあります。できれば、1学期までに学校の課題・予習・復習は完璧にこなせるような家庭学習の習慣づけを行いながら、中間テストでその成果をはかりましょう。その後も、学校のスピードに乗り遅れず、家庭学習の質を高めていき、期末テストに臨みます。一学期2回の定期テストで上位成績を維持できることが、今後の勝負の分かれ目になります。

定期テスト対策には授業対策が重要!

東海中学校を始めとする私立中高一貫校と、公立小学校・中学校との大きな違いの一つが、「成績上位者に照準を合わせて授業が進んでいく」ということです。進学校であればなおさらです。

東海中学校の定期テストで好成績を上げ、成績上位を維持していくには、自ら勉強して日々の授業に乗り遅れないことが非常に大事です。家庭学習における毎日の授業の理解と定着が大切なのです。

定期テスト直前にまとめて復習するのは無謀です。日々の家庭学習において授業対策を怠らないことがカギです。日々の授業対策を怠らなければ、定期テスト直前に慌てたり、テスト結果に泣いたりすることはありません。東海中学校の授業対策が定期テスト対策に直結するのです。

中学生の早い段階で、中学以降の学習における正しい勉強方法を身につけ、学校で学んだことを家で定着させるというサイクルを作るという、質の良い家庭学習の習慣を作り上げましょう。

大学受験では、学校で良い成績をおさめておくことが大事!

東海中学校を始めとする私立中高一貫校では、授業の進む速さ(進度)と内容の深さ(深度)が大きいと書きました。裏を返せば、成績上位を維持しながら、東海中学校のカリキュラムに無事に乗っていくことができれば、大学受験では苦労なく合格できる程度の学力を身につけることが可能だということです。

授業対策、定期テスト対策を行うことが、東海中学、東海高校に通学する生徒にとって医学部受験、旧帝大、早慶などの難関大学受験の現役合格にも有利に働いてきます。

東海中学校の授業対策・定期テスト対策はお任せください

授業の進度や深度が大きい一方、クラブ活動やプライベートも忙しくなるので、東海中学校に通うお子さまにとって学業とプライベートの両立は困難です。

しかし、塾の決まったカリキュラムとは異なり、お子さまの学校生活やプライベート、性格や特徴、成績に合わせて、お子さまにぴったりのオーダーメードの指導ができるのが家庭教師のメリットです。

名古屋のプロ家庭教師である私、富都野は、東海中学校に通うお子さまに、授業対策、定期テスト対策のサポートを行い、好成績を維持する指導を行います。そして、スムーズに大学受験勉強に移行できる正しい家庭学習方法をご指導いたします。

東海中学校の数学・英語の教科書/問題集採択
数学教科書 未来へ広がる数学ⅠおよびⅡ   啓林館
体系数学Ⅰ 代数編   数研出版
体系数学Ⅱ 幾何編   数研出版
問題集 チャート式 体系数学Ⅰ 代数編  数研出版
チャート式 体系数学Ⅰ 幾何編  数研出版
英語教科書 サンシャイン ⅠおよびⅡ   開隆堂出版
サンシャイン ⅠおよびⅡ リスニングCD  開隆堂出版
問題集
▲先頭へ