中学受験専門プロ家庭教師 富都野日穂理 > ブログ > 勉強法 > 愛知中学校パンケーキ問題を次の入試の教訓にするなら

愛知中学校パンケーキ問題を次の入試の教訓にするなら

みなさま、こんにちは。
名古屋の中学受験専門プロ家庭教師の富都野です。

 

本日28日は愛知中学校の合格発表日でした。
私の教え子のうち2人が愛知中学校を受験しましたが、2人とも無事合格しました。

2人の合格にホッとしています。

 

先日24日の愛知中学校の入試は、金城学院中学校とバッティングしたものの、
多くの受験生が、愛知中学校を受験されたのでははないかと思います。

前回のブログでも書きましたが、ぜひ受験した学校の入試問題を次に活かしてほしいと思います。

 

ところで、今年の愛知中学校の理科の入試では、
会話形式で、今話題の?パンケーキのネタで話が進む問題が出されました。

面白いですね。

 

パンケーキやホットケーキという日頃からなじみのある物の話題から発展させて
ホットケーキミックスに含まれている重曹(炭酸水素ナトリウム)に話題を転換し、

重曹が二酸化炭素を発生すること
重曹がアルカリ性であること
紫キャベツの絞り汁が酸性アルカリ性によって変色すること
身近な食材の酸性アルカリ性を知っていること

が問われていました。

 

料理を身近な科学実験ととらえて親子で料理をしたり
色の変化のように起こる現象・反応に興味を持ち、
色んな物で実験してみるなど、

日常生活の中で科学を体感的に楽しんでいる子は、
容易に解けた問題だったかも知れませんね。

 

塾や学校で習った知識が、自分の体験と結びつくと、
強烈な記憶として脳に残りやすいので、
揺るがぬ「知恵」として、知識をインプットすることができます。

 

しかし、このようなインプットの仕方は、一朝一夕ではなせぬことです。

 

ですので、入試真っ最中の受験生と親御さまが、
この愛知中学校の入試問題を教訓とするとしたら・・・

 

(1)日常生活でなじみのある物や、日常生活で起こる現象や反応を、科学の「目」で見直してみること

(2)小学校の理科の教科書に載っている、いろんな実験や観察のページを再確認すること

 

これら2点に取り組まれることを、私、富都野はおすすめします。

 

私立中学校の入試問題は、小学校の教科書から出題されることが絶対条件ですから、
問題作成者は、必ず小学校の教科書を参考にして問題を作っています。

 

理科の教科書には、日常生活と科学が密接に結びついていることが、
具体例を挙げていろいろと書かれています。

また、気体を発生させる実験、何かを加えると色が変化する実験等の化学実験はもちろんのこと、
力学や電気などの物理実験、顕微鏡を使った生物の観察、地層や河川の堆積物の観察、
星座早見表を使った星の観察、などなど

実際に手を動かしてみる実験や観察の仕方が、教科書にたくさん載っていると思います。

これらは、入試問題における絶好の題材です。

 

ぜひ、実験器具の名前や顕微鏡の種類と使い方の手順と合わせて、
(1)と(2)をチェックしてみてください。

 

みなさまのお子さまが、次の入試でも、自分の力を最高に発揮されますように!

 

LINEで送る

▲先頭へ