中学受験専門プロ家庭教師 富都野日穂理 > ブログ > 勉強法 > 中学受験!ライバルに差をつける夏休み勉強法6~漢字・語句の覚え方(2)

中学受験!ライバルに差をつける夏休み勉強法6~漢字・語句の覚え方(2)

こんにちは。中学受験専門家庭教師の富都野日穂理です。

今回は、前回お知らせしたように
漢字・語句の覚え方について具体的に説明していきます。

今日は、漢字・語句を暗記するときの手順その1の前編です。

その1.意味をイメージしながら例文をスラスラ読めるようにする

 

(1)その漢字や語句を含む例文を読んでみる

市販の漢字練習帳でも、

中学受験塾で使われている国語テキストでも

ほとんどの漢字・語句練習の問題集には
その漢字や語句の例文が書かれているはずです。

まずはこの例文を読んでみましょう。
声に出して読んでみるのが好ましいですね。

このとき、問題となる漢字や語句の「読み」は正しいですか。

ここではスラスラ読めなくてもOK。

 

(2)その漢字(語句)の意味を考えてみる

次に、その漢字・語句の意味を言えるかどうかチェックしましょう。

正確に答えられていますか。

答えられていたら合格。
答えられなかったり、しどろもどろだったりしたら不合格。

 

(3)その漢字(語句)の意味を辞書で調べる

(2)で意味をチェックしたときに、不合格だった場合はもちろんのこと、

答えられていた場合であっても、
辞書ではどのように説明されているのかを知る意味でも
辞書でちゃんと意味を調べてみましょう。

できたら電子辞書ではなく、紙製の辞書で調べることをオススメします。

ここで、辞書で書かれている説明に、また知らない言葉が登場していたら
その意味も調べておきましょう。

(後編に続く)

LINEで送る

▲先頭へ