中学受験専門プロ家庭教師 富都野日穂理 > ブログ > 勉強法 > 中学受験!ライバルに差をつける夏休み勉強法12~計算・一行題の学習法(1)

中学受験!ライバルに差をつける夏休み勉強法12~計算・一行題の学習法(1)

こんにちは。中学受験専門家庭教師の富都野日穂理です。

今日から、算数の計算・一行題の学習法についてお伝えしていきます。

 

中学受験の進学塾の多くが、夏休みの宿題として、
計算や一行題の学習を課します。

 

ここでいう「計算問題」とは、例えば

 

(1) 117-27÷{30-(60-14×4)}=

(2) {0.73+(1/4)}÷0.5+3.6×{3+(3/7)}=

といった整数、分数、小数の単純な四則混合計算、

 

(3) (□×7.5-0.7÷1.4)÷(2/5)-{1+(3/8)}÷5.5=9/7

といったような、□に当てはまる数値を求める計算、

 

(4) 2500mL×300cm3-0.45L÷3=□dL

(5) 0.33時間=□分□秒

といったような、単位を揃える計算、

 

(6) 0.24×15+24÷3.9-0.12×56+0.024=

(7) 12.34+23.45+34.56+45.67+56.78+67.89+78.91+89.12+91.23=

といったような、計算を楽に行うための「工夫」を問う計算、等々

様々な計算問題があります。

 

一行題」とは、例えば

 

(8) 1日に13秒進んでしまう時計があります。この時計は□日後には8分進んでしまいます。

(9) 1から200までの整数のうち、3または4で割り切れる整数は全部で□個あります。

(10) 6%の食塩水400gと8%の食塩水100gを混ぜると何%の食塩水になりますか。

といった、1行程度の問題文からなる問題で、
その単元の最も基本といえる問題を言います。

 

塾で宿題になる計算問題や一行題は、
九九ができて、計算のルール(※)さえ間違えなければ、
足す、引く、掛ける、割るといった計算自体は難しくありません。

一行題で問われる内容も、初歩的なレベルです。

ですから、たいていのお子さまなら、時間をかけてゆっくり解けば満点を取れます。

 

しかし、多くのお子さまができるものであるにもかかわらず、
塾では毎日やるように言われます。

 

なぜでしょうか。

 

それは、算数には、このような基本問題を
正確に、素早く、解く力が必要だからです。

 

そして、
その力を養うには、継続的に訓練する必要があるからです。

 

正確に 早く

これがとても大事なのです。

 

計算や一行題は面倒くさいと嫌がるお子さまが多いのですが、
そのお子さまが、よく言うセリフ

「これくらい、僕はできるからやらなくても大丈夫だよ」

という言葉を、
お父さまお母さまは、決して鵜呑みにしてはいけません 8-) 8-)

 

(※)計算のルールとは、例えば、
「()の中から先に計算する」「かけ算割り算は足し算引き算より先に計算する」
等のルールのことです。

LINEで送る

▲先頭へ