中学受験専門プロ家庭教師 富都野日穂理 > ブログ > 勉強法 > 中学受験!ライバルに差をつける夏休み勉強法11~漢字・語句の覚え方(7)

中学受験!ライバルに差をつける夏休み勉強法11~漢字・語句の覚え方(7)

こんにちは。中学受験専門家庭教師の富都野日穂理です。

いよいよ、今日は、漢字・語句の覚え方の最終回。

漢字・語句の覚え方の最後の手順3の後編です。

その3.漢字をスラスラ書けるようにする

 

(10)漢字や語句の意味からその漢字や語句を書けるようにする

 

1)ひとり勉強の場合は、自分で意味を言ってから漢字を書く

 

2)親子勉強の場合は、クイズ形式で親が意味を尋ね、子がその漢字を書く

 

このステップは、
漢字・語句とその意味とがしっかり紐づいて
意味からその漢字が、あるいは漢字からその意味が、
スラスラ出てくるという理想的な状態を、さらに究めていく訓練です。

 

お子さまのひとり勉強でも、親子での勉強でも、
どちらも「早押しクイズ」の要領で、即答(瞬時に書く)できることを目指します。

 

意味から漢字・語句がスラスラ書けるようになったら合格です!

 

意味から漢字が書けるようになると、同音異義語にひっかかることもなくなります。

長文読解問題の本文中に含まれる漢字(語句)を問われる問題でも
本文中の意味から適切な漢字を解答するのに威力を発揮します!

 

  :-D :-D

さて、今までご紹介した、
漢字・語句の覚え方の手順の『発展編』として、

その語句を構成する漢字自体の意味も調べて知っておく

という手順も追加されることを提案いたします。

 

つまり、手順その1(3)で、漢字の意味を調べるときに、
漢字辞典でその漢字ひとつひとつの意味も調べておくのです。

 

例えば、

前回も登場した、
「その事件のシンソウは謎に包まれている。」という問題。

答えは、「真相」。

まずは国語辞典で、意味を調べます。
意味は、「ものごとの真実のすがた。本当の事情・内容」
でしたね。

次に、
「真」と「相」それぞれの意味も漢字辞典で調べておくのです。

漢字辞典によると、

「真」→偽りがないこと、まこと、本当

「相」→①ものの姿・ようす
            ②ものの有様を見てその実相を判断する
            ③互いに ④一方から他方へ

とあります。

つまり、「真相」の意味は、
「真」の意味と「相」の意味①とを組み合わせたもの
であることが分かります。

 

漢字自体の意味を知っておくことのメリットは、

意味から漢字を推測しやすくなる、ということですね。

 

「その事件のシンソウは謎に包まれている。」

このように短い1行程度の問題文だと、
シンソウという語句を思い出せなかったときに、
「シンソウ」という「読み(音)」から漢字を推測するしかありません。

しかし、

長文読解問題の本文中に含まれる語句を問う問題であれば
その本文の該当箇所の「文脈(意味)」と「読み」から、
その意味をもつ漢字を当てはめて、語句を作ることができるわけです。

 

余裕のあるお子さまであれば、
漢字自体の意味も同時に覚えてみてください。

 

  :-D :-D

以上、漢字・語句の覚え方でした。

この覚え方が、少しでも、
お子さまの学習のお役に立ちましたら嬉しいです :-P

LINEで送る

▲先頭へ