中学受験専門プロ家庭教師 富都野日穂理 > ブログ > 勉強法 > 中学受験!ライバルに差をつける夏休み勉強法4~暗記・計算の仕方を学ぼう

中学受験!ライバルに差をつける夏休み勉強法4~暗記・計算の仕方を学ぼう

こんにちは。中学受験専門家庭教師の富都野日穂理です。

東海地方では昨日梅雨明けしました。

これから暑い夏がしばらく続きそうです。

中学受験を目指すお子さまの塾の夏期講習も
昨日・今日辺りからスタートしたことでしょう。

夏休みの計画はしっかり立てられましたでしょうか。


さて、夏休みには「定番メニュー」を毎日やることについて
先日のブログ記事で触れました。

定番メニューとは、
中学受験予定の小学校6年生が、
毎日コツコツ取り組んで欲しい課題
のことです。

例えば、主な定番メニューは4つあります。

おすすめ定番メニュー

1)漢字・語句
2)計算・一行題
3)社会用語暗記
4)理科用語暗記

 

今回から数回にわたって、定番メニューの勉強の仕方を
下記のような内容で具体的にお知らせしていきます。


定番メニューの勉強の仕方

(1)漢字・語句・(英単語)の暗記の仕方
(2)計算・一行題の取り組み方
(3)社会の用語暗記の仕方
(4)理科の用語暗記の仕方


勉強するときに、暗記や計算は避けては通れないものですね。


勉強の基本は暗記や計算です。


ですから、おそらくは、誰もが小学校・中学校・高校・大学のどこかで
何かを暗記した経験や、
計算ドリルで計算練習をした経験があるかと思います。


計算練習では、縦書きのかけ算割り算など、
筆算の仕方は学校で習うものの、
早く正確に計算できる計算の仕方・工夫はあまり習いません。


暗記にいたっては
暗記は、誰もがやる(やれる)ことだからなのか
そのやり方を教えてもらうことは、ほとんどありません。


下手をしたら「根気強くやる=根性でやる」と勘違いしてか
とにかく根性で覚えろ、というような残念な場合もあるほどです


暗記力や計算力は、中学受験生に限らず、
小学生にも、中学生にも、高校生にも必要な基礎学力です。


私が過去に指導してきた大学受験生たちの中でも、
小学校、中学校で暗記や計算をないがしろにしてきた子は
暗記と計算で苦労していました。

是非、小学生・中学生の幼いうちに、
暗記力、計算力を高めておきたいものです。


これから数回にわたって、プロ家庭教師の富都野が
効率の良い(=なるべく少ない労力で最大の効果を上げる)
暗記・計算のやりかたをお伝えしていきます。

お楽しみに。

LINEで送る

▲先頭へ